テレクラで楽しめるコンテンツの1つになっている伝言ダイヤルをテレクラ情報が利用方法と楽しみ方について解説。テレクラを使うならツーショットだけではなく伝言ダイヤルも使えば出会いのチャンスは倍増するので利用したことがない人は1度利用して見てください。

テレクラ情報ヘッド画像
モバイル用テレクラ情報ヘッド画像

伝言ダイヤルとは

伝言ダイヤルとは

テレクラの楽しみ方としてツーショットやテレフォンセックスなど色々な楽しみ方がありますが伝言ダイヤルも楽しめるコンテンツの1つになっています。伝言ダイヤルを使ったことがない人は1度使ってみることをおすすめします。

伝言ダイヤルとは声でメッセージを伝えてあうことが出来るのですが、ツーショットとは違い要点を言い合うことが出来るので話がスムーズに進みます。それでは伝言ダイヤルで使われているオープンボックスとプライベートボックスについて少し解説してみたいと思います。

まずオープンボックスは伝言ダイヤルを利用している全ての女性ユーザーに向けて自分の事をアピールすることが出来ます。どのような趣味であるとか、どのような目的で相手を探しているかなどをオープンボックスい残しておくと残されたメッセージに興味を持った女性ユーザーがメッセージを送ってくれます。

では、送られたメッセージは何処に?ここで登場するのがプライベートボックスです。その名の通りに個人的なメッセージボックスになっているので他の人に聞かれる心配は一切ないので安心して利用することが出来ます。ここに残されたメッセージに返事をすればメッセージを送ってくれた人のプライベートボックスに伝言が残るというシステムです。

昔は伝言ダイヤルでメッセージを定期的に確認していましたが、今では伝言ダイヤルも進化して自分のプライベートボックスにメッセージが届いたらメールなどで知らせしてくれる機能があるので毎回確認しなくてもメッセージが届いているかどうか確認出来るようになりました。

初対面や慣れていない女性と話をするのが苦手だったり、同じように男性と話すのが苦手な女性が利用しているのでツーショットやテレフォンセックスだけではなく伝言ダイヤルで相手探しをしてみたら新しい出会いが待っているかもしれません。

伝言ダイヤルの説明が終わった所で早速使ってみましょう。伝言ダイヤルを利用する注意点の1つが、まず自分のことをアピールするわけですが要点をまとめて、メッセージを聞いた全ての人に伝わる内容をきちんと考えてからメッセージを残すようにして下さい。長い自己紹介は途中で飽きられてしまったり飛ばされてしまう可能性がありますので、予め残すメッセージを用意しておきましょう。

2つ目の注意点は自分が残したメッセージを必ず確認してみてください。聞こえにくくないか自分で聞いて確認しないとせっかくのメッセージが台無しです。

最後の注意点は早口になっていないか?伝言ダイヤルで早口な人はセッカチであるとか冷たい人などの印象を持たれがちになってしまいます。少しゆったりと話すと優しく温かみのあるメッセージになるので女性から交換を持たれやすくなるので伝言ダイヤルで上手くいかない人は実践してみてください。

伝言ダイヤルの注意点をまとめると「予め残すメッセージを用意して少しゆったりとしたスピードで話して録音が完了したら録音したメッセージを必ず確認する」

それでは伝言ダイヤルを実践して新しい出会いを楽しんで下さい。

PAGE TOP ↑